フリースクールの運営は大変夢のある仕事

石田益資

このフリースクールの運営という仕事は、経済的には難しいけど、今どき珍しく大変夢のある仕事です。フリースクールの面白い所は、自分でカリキュラムや授業を始められる、というところでしょうか。みんなの広場に来られる学生さんや親御さんが、ご自分でイベントや授業を計画し、実行できます。人々の創造性はそうやって育まれて行くと思います。そして、実行したことが成功したら、自己肯定感が高まり、自分に自信がつくようになるでしょう。仮に失敗しても、自分で何かを企画することは、特に子供たちにとって、とてもよい経験になります。

岩手のいじめのニュースが世間を騒がせる中、今の学校教育をおかしいと感じている日本人は思いの外多く、私がフリースクールの話をすると、相手の反応はほぼ「ポジティブ」です。従来の学校は、規制が多く、決まったことしかできません。学生や親御さんのやりたいことをする余地はほぼありません。皆様、「みんなの広場」で一緒になにかやってみませんか。「学習=苦痛」という従来の考え方を排し、皆様が面白いと思える授業やイベントを企画するお手伝いをさせて頂ければと思います。