「いじめ」がひどい時は、迷わず不登校を選ぼう

石田益資

 

岩手県で中学2年生が「いじめ」による自殺をしました。悲しい事件です。私はこのようないじめ自殺のニュースを聞くたびに心が強烈に痛みます。なぜか。それは、「いじめられている学生さんは、なぜ不登校を選択しなかったのか」ということです。新聞記事には、親御さんが学校の不手際を批判している、と書かれていました。いじめ自殺が起こるたびに、学校や教育委員会が槍玉に上がり、確かに、学校・教委の中には「ことなかれ主義の巣」みたいな所もあるようです。しかし、子供がいじめられて、学校へ行くのが苦痛だと感じているなら、その時点で学校へ行くのをやめれば、このようなことにはならなかったのでしょう。残念 ながら親御さんは「学校を信頼しすぎた」結果、大切な子供を失ってしまったのです。

 

親御さんを含め、私達は学校を過剰に信頼しすぎていませんか。学校を信仰し、学校へ行かない子を非難し、冷たい目で見る。こういった思想が、日本中のいじめられている子を自殺に追い込んできました。そして、認めたくない事実ですが、自殺者はこれからも現れるでしょう。「いじめ問題」の最も効果的な方法は簡単です。それは、堂々と「不登校」を選ぶこと。いじめている子にとって、いじめる対象など誰でもいいのです。学校生活のストレスを誰か弱い人にぶつけたいだけなのですから。